Windows10にアップデートしてみた

win10
いろいろ危ないものが詰まった本PCだと怖いので、ノートPCでアップデートしました。
元々、Windows8.1 with bingでしたし、そんなに重要なものも入っていないので問題ないかなと。
なお、ノートPCですが、64bit版です。

結局、予約してたのですが、一向に落ちてこず(というか、提供開始してるのに予約って何なんだ。さっさとダウンロードしてインストールしたいのに・・・)、結局、直でインストールできる方法でやりました。

Windows 10 のダウンロード

Windows 10 のインストールまたは再インストールが必要な場合は、このページのツールを実行すると、USB フラッシュ ドライブまたは DVD を使って独自のインストール メディアを作成できます。

ここからインストールできます。タスクになんて表示さず最初からこうしてほしいものでした。

見た目はWindows8.1とあまり変わらないかなと思っていたのですが、案外変わってた。
まず、一番違和感があったので「システムフォントの変更」ですね。
なんかこれ、なんか汚く感じると友人は言っておりました。慣れてないせいですかね。
まあ確かになんかジャギってる気もするんですよねー・・・。解像度の問題?
今回のフォントは「Yu Gothic UI」という完全新作なフォントです。
MS Gothic、Meiryoと並行して使われるようになりました。
win10a
どうでしょう。なんというか、汚く見えちゃうのは中華フォントっぽく見えるからでしょうか。
Meiryo UIよりさらに幅が狭くなった+Windows10のフォントサイズが小さいということで、ごちゃごちゃしてる印象はあります。
フォントサイズを大きくするとまあいい感じになった気がします。あとは慣れですかね。

後は、スタートメニュー。
これは文句なしで改善してると思います。ずっと8.1を使い続けてきた俺が言うので間違いない。
Windows8.1のMetroUIは勝手にアイコンが整頓され、画面いっぱいに表示され・・・
まあなんというか完全にデスクトップに特化してない作りでした。
win10b
Windows10のスタートメニューは7と8.1の融合のような形で、ちゃんとタグ付けできたり、任意の場所に配置できるようになりました。
自分はこんな感じに整頓してます。わかりやすいです。

今回はタブレットモードと切り替えられるし、マルチディスプレイも搭載したし、アイコンもフラットデザインに変更されました。
こうやって見ると、やっぱり8.1はタブレット需要に合わせて早急に作ったやつだったのかな・・・と思わせます。
MetroUIはSurfaceRTと一緒に深い闇に消えていくことでしょう。


Minecraft Windows10 Beta Edition をプレイしてみる

折角なので、Windows10に対応したMinecraftであるこちらをプレイ。
ストアで1000円なのですが、PC版のminecraftを持っていれば無料で入手可能です。
Minecraft: Windows 10 Edition Beta に関するよく寄せられる質問
なお、Microsoftアカウント、mojangアカウント、Minecraftアカウント及びGfWLXBOX LIVEアカウントが必要。
(多すぎだろJK・・・全部MSなのに・・・)

microwin10

ホーム画面。

microwin102
ゲーム画面。ちゃんとサバイバルモードあります。

違う点として、タブレット向きなのかUIが大きいです。変更もできません。
一番きついのは視野角変更ができないこと。・・・よ、酔う。
まあ普通のWindowsなら元のPC版やっときゃいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)