GTX1060を買いました

potproject.net Advent Calendar 201614日目の記事です。

もはや普通のレビューである。


今年の冬にめちゃくちゃいろいろ買いそろえている感じ。

今度は、ついにグラボを買い換えに走りました。
ZOTAC GeForce GTX 1060 6GB Single Fanです。

この機種はファンが1つのみ、その分小さくてコンパクトというウリです。
でもやはり、ファンが1つだけという都合上、結構熱いです。
最近ハマっているtom clancy’s the Divisionでフル稼働にて70-76度というところで80度はギリギリ超えない。
でもこれでも問題ないレベルなんでしょうね。ファンは100%回っていませんし。
元々のGTX660と比べてもほとんど同じくらいでしたし。でも夏はちょっと厳しいのかも。
これでスペック不足を感じてくる日は何時になることやら。やっぱりVRに備えたというのもあるんで・・・

・・・VRもほしいんだけどなー値段がなー・・・

おまけでFire タブレット 8GBを買いました。最終日サイバーマンデーにて3500円。この値段なら損はしない。
お遊びで使ってみます。

最近のコーディングとか

potproject.net Advent Calendar 201613日目の記事です。

まだ半分か・・・。


最近のコーディングは、結局いろいろ使ってきたりしたのですが、v1.0になってそれなりに使えるようになり、
現在はv1.7まで上がりかなり安定してきたかなということで、Visual Studio Codeを使ってます。
略してVSCode。

Visual Studio Code – Code Editing. Redefined

多分、このブログを始めたより後にできたエディタじゃないですかね?それくらい新しいエディタだと思います。
Visual Studioは有名なIDEですが、別に互換性があるとかナンバリングじゃなく、全くの別物で、こちらはテキストエディタに近いです(デバッグ機能とかあるけど)
自分が一番気に入っているエディタといえば(今は)これなんで、布教活動でもしていきます。

1.Macでも使える

Visual StudioなのでMicrosoftが開発しています。でも公式サイトにもMac版が普通に提供され、使用できます。
と思ったのですが、つい最近Visual StudioもMac対応を出す予定でしたね。
でもこっちはオープンソースなので、開発当初からWindows/Mac/Linuxとマルチプラットフォーム対応で使いやすいです。
しかも一説によればWindowsよりMacの方が動作が軽いとか聞きます・・・。それもそれでどうなんだ。

2.同じ系統のエディタであるatom.ioやBracketsよりも軽い(体感)

atom.io,Brackets,VSCode
この3つはどれもWeb技術でデスクトップアプリケーションを作れるソフトウェアであるElectronを使って作成されたエディタなのですが、
全部使った中で体感的にVSCodeが一番軽いと思っています。
atomやBracketsは新規タブを開こうとするとかなり重いような印象。しっかり図ってませんが実際軽いと思います。
他にも同じように軽いというブログもありました。やはり一番後発だから、なんですかね?
electron系エディタ戦争終了のおしらせ。codeがイチオシ

3.基本はテキストエディタなのにデバッグ機能が備わっている

これが一番おすすめの理由でもあります。基本はテキストエディタで、ビルドなんかは出来ませんが、デバッグ機能だけはデフォルトで準備されています。
でも、最初から好きな言語がデバッグできるわけではなく、用途に合った拡張機能を入れる必要がありますが、
デバッグ機能が最初から想定されているおかげで、かなり見やすくデバッグが捗る。
拡張機能は色とりどりで、MicrosoftイチオシのC#やtypescriptはもちろん、一般的なc/c++、phpやjavascript(node.js)などのWebサーバ系ソフトウェアで使える言語も可能です。
コーディングに関して、デバッグ機能は必須です。php-debugをよく使ってます。

その他、最近のエディタには当たり前になってきているgit機能、わかりやすくシンプルですがあるとかなり便利な全ファイルの文字列検索など、
大型のIDEや特化したテキストエディタとは違う、これだけは揃えておきたい、という機能がちゃんと入っているエディタと思います。
まだ初版リリース(v0.1)から1年少しでもうバージョンがv1.7にまで増えているのを考えると、かなり活発にアップデートしているという点でも魅力だと思います。

以上、宣伝でした。

Xiaomi Redmi note 3 proとMi band 2を買った話

potproject.net Advent Calendar 201611日目の記事です。

やべえあと1時間しかない何書こう


Xiaomi Redmi note 3 proを買いました。結構前に。

で、1.5カ月ほど使ってみてのレビューです。中華製品は最初にレビューしても、実際のところ1カ月で壊れたりするので、買ってすぐにレビューせず1カ月間寝かせてみました。

これが買ったとき当時のものです。よく言われるのですが箱が某アレに似ています。というかまんまです。

合わせて買ったものとして、横にあるのはXiaomi Mi band 2というヘルスロギングツール。まあ簡単に言うと時計兼万歩計兼ヘルスケア用品です。

gearbestさんでredmi note 3 proは140ドルくらい。Xiaomi Mi band 2は30ドルです。

Redmi note 3 proのスペックのコストパフォーマンスだけを見るとすごく高いです。

基本的なスペックはROM 16GB,RAM 2GB,SoCはSnapdragon 650、フロントとリアカメラ、あとは指紋認証。
Snapdragon 650はantutu 70000程度のレベルで、日本で3,4万で売ってるP9 Liteあたりよりも性能はいいです。
実際のところ、日本で売られている機種は太刀打ちできないレベルのスペックという魅力があります。スペック至上主義の私としては最高です。
まあ、耐久性とかはどうなるかわかりませんが、そこは国内7位にまで落ちてしまったけどXiaomiさんのブランドということで買いました。

Xiaomi好きなんですよね。コンセプトとかブランド感を醸し出しているのに、中華っぽいところとか。
この前出した炊飯器とかもちょっとほしいくらいです。おどり炊きの創案者が開発にかかってるとかで注目してます。
でも炊飯器なので日本のコンセントで大丈夫かな・・・と思わなくもないですが・・・

結局中国サイトから発送に関してはいろいろ言われていますが、自分に限ってはかなり早い段階で着きました。というより予定通りでした。

gearbestは現在、発送方法としておなじみの「日本郵便(Japan Post)」が選べるようになっています。 (Priority Line選択時

日本郵便の場合、発送は7-10日。しかも送料無料です。1週間で届きます。いい時代ですね・・・。

で、使いごごちですが、AndroidベースのMIUIという某PhoneっぽいカスタムUIが採用されています。実際、これも使ってみたかったということも買った理由です。
かなりよくできてると思います。でもAndroidっぽくないなあと思うのですが。
あとは、指紋認証。この値段帯で指紋認証までついてるというのは本当に驚き。iPhone 6Sを持ってますが、それと同じくらいレスポンスは早いしロック解除できるので使いやすいです。
2カ月が立とうとしてますが、基本アプリの検証機として買ったものなので、壊れる気配はないです。
まあ今まで中華的なパッドを使った経験からすると、大体は突然死なのでわかんないですのよね・・・。

Mi band 2はわりとスマートな時計としても使えます。でも一番役に立ってるかなーと思うのは公式アプリで測ってくれる睡眠時間のロギング。

これはかなりの精度で寝た時間を記録してくれます。一日7時間よく寝る自分にとっては嬉しい機能です。

つーか二度寝とかもちゃんと記録されるし、布団に入っているだけだと記録されないし、どうやって判定しているのかかなり気になります。
ほかにも通知機能だったりとfitbit某製品と同じレベルの機能は備わっています。
今ならセールでこちらは25ドルくらいで売ってるのを見かけます。こういうの欲しいと思ってた人は損はないでしょう。
Xiaomiのアカウント作らないといけないのがちょっとアレですが、それくらい。

最近はモニタも買ったし、グラボも買ったし、スマホも買ったし、社会人の財力で生活レベルがどんどん上がっていきます。

次はMacBookかな。

Amazon サイバーマンデーセールでそれなりに大きめのモニタを買った

potproject.net Advent Calendar 2016
7日目の記事です。
今回はもうただのブログレビューですが多少はね。


昨日から、Amazon サイバーマンデーセールが始まりました。

最近の大型Amazonセールはプライム超優遇なので、プライム2年生の私毎回楽しみなのです。

しかし、数か月前のプライムデーは割とがっかりだったので、今回はFire TV Stickでも買うかーって感じでした。
実際はStick値引きが微妙なので買わずじまいですが。
買う気はなかったのですが、すごくいい感じのモニタがあったので即買い。

購入したものは、iiyama ディスプレイ モニター XB2783HSU-B1 27インチです。

プライム限定セールで¥19,800。価格.comの最安で¥25,800なのでかなりお買い得だと思います。

iiyamaモニタの大きめのIPS液晶で2万くらいのがほしいなーとまさにぴったりだったので買いました。

モニタを買うのは多分もう5,6年ぶりです。ちなみに前のモニタもiiyamaを使ってました。23インチIPS。

子のモニタは結構特殊なんじゃないかと思うのですが、AMVA+液晶というものです。

視野角の狭かったVAパネルを改良したAMVA+パネルの改良版、という話で、

実際前のIPSパネルと比較してもむしろ前のより視野角が広く思えます。

発色は目にわかるレベルでこちらが上です。

買ったときの値段は古い奴が高いというのに。技術の進歩を感じますね。

あとは、IPSと比べるとバックライトも抑えることができるらしく、目に優しいとかよく聞きます。

自分もかなりブルーライトに弱く、すぐ頭痛くなる時代もあったため、その点で評価して決め手に。

ついでに応答速度もちょっと早いのでゲーム向き。

img_0139

左が今回買ったiiyama XB2783HSU 27インチ。右がサブ機に落ちたiiyama XB2374HDS 23インチ

こうやって並べるとデカい。なんかすげえプロっぽい(何の)

img_0140

ついでに、モニタの右側にUSBハブ機能がついてるのがすごくうれしい。

こういうのでいいんだよこういうので。

次はダブルモニタで捗った的な記事も書きたいです。

iPhone6Sを購入しました

という画像をiPhone4Sで撮ってます
メール・・・

個人的にはとてもiPhone4Sが気に入っていたので、あまり変えたくなかったのですが・・・
時代の流れとスペックには勝てなかったよ・・・
というか元がiPhone4Sなので、これももう4年前なんです。4世代もの交代を成し遂げ、
iOSのバージョンは5から9に。

最初はこんな大きいの使えるか!(iPhone4Sは3.5インチ、6Sは4.7インチ)と思っていたのですが、
次第に慣れてきちゃいました。慣れって怖いですね。

やはり最新機種ということもありかなりサクサク動き不満なんて全くありません。すごいです。
しかし、iPhone4Sを購入した当時も3GSと比べてすげー早いと言っていたので、また4年ほどしたらこれもスペック不足になるのでしょうか。
最近のスマホのスペックインフレはすごいっすなあ。一部ではもう8コア製品も出てきてますし。


grass

iPhone6Sのレビューはこれくらいとして、今回の本題としてはこちら。
中国大好きドスパラ上海問屋さんから買ってきた、中華な保護ガラスシート。

Screen Protector Glass。iPhone6用ですがデザインサイズ共に同じなのでiPhone6Sでも使えます。

こちらの製品、当然のように裏には販売元も書いてませんが、Made in Chinaだけは書いてます。怪しいです。
amazonなんかでも結構売ってますがこういう製品は賭けとしか言いようがありません。まあ、ドスパラなら大丈夫かなあ。

こちらを買ったわけは、値段です。なんと990円(税込)とお安い。(値札すら無かったけど
しかも外側を見る限り結構な高性能で、9Hガラス製、厚さ0.2mmと結構薄い。
・・・まあ、本当にガラスなのかは調べず貼ったのでわかんないんですが
iPhone5s用の強化ガラスフィルムを買ったらガラス製じゃなかった件

そして、目玉であるタッチ個所を追加して戻るボタンとして使えるようになります。下部の場所を読み取り、上部の戻るボタンを押したこととして反応するようになります。
amazonでも1000円以上するので、多分最安だし、保護シートを探してたので、せっかくだしということで。

こちらの商品、安いですが、中身に拭き取るための布、ウェットシート、ドライシートがついていてかなり親切でした。
戻るボタンの反応は・・・ちょっと押し込まないといけないですがちゃんと反応します。それはいいんですが
その犠牲として一部、絶対に押せない個所が上部にできてしまいます。
ゲームなんかを頻繁にする人はこれ、たまに致命的欠陥になりえますのでそれが怖い人はやめたほうがいいでしょう。

以上。使いこなしていきたいですね。