製作物:メトロウォッチ

地下鉄が「見える」Androidアプリ、メトロウォッチ

metro1 metro2

 

metro3 metro4
このアプリは、東京メトロ主催オープンデータ活用コンテストの応募作品です。
参考にしているアプリは、やはりflightradar24です。これの東京メトロ版を目指して製作しています。
このアプリを見ていると、これだけが地下を走っているんだなと実感させられます。
私の住んでいるところは、地下鉄すら無い僻地ですから・・・東京怖い。
実際に東京に行った友達にも割と好評で、やはり自分の乗っている電車がリアルタイムに表示されると楽しいと言ってました。
ちなみに、このアプリの提出後、すぐに研修のため自分はハワイに行きました。超多忙でした。

WebアプリではなくAndroidアプリにしてしまったので、かなりいろいろ技術的な問題はありました。
外からだと見えないですが、地下鉄の路線図データ、時刻表データ、運行データなど大量のデータをjsonとして詰め込んで処理しています。
普通に考えると、その部分のデータはNoSQLDBサーバーなんかを作ってサーバーで処理すべきでした。ただ、鯖を立てる時間もお金も無かったため、このような形に。
最近のAndroid端末はメモリ1GBがデフォルトだと思うので、そのくらいメモリがあれば大丈夫だと思いますが、古い端末では厳しいです。Nexus5などでは快適に動きます。
デメリットもある分、メリットはスタンドアローンで動くということですかね。

このアプリに関しては、個人ではなくプロジェクトとして6人程度で製作しました。
プロジェクトでの開発は、メンバーとの意思疎通が第一ですね。
そして、持ってるスキルも全く変わってくるので、一番スキルが高いものを伸ばそうと、一番得意なことに合わせてスケジュールを組んだ形です。

その他アプリについての説明に関しては、GooglePlayに書いております。動画もあります。

その他環境など:
動作環境:Android4.0以上
アプリサイズ:2.7M
メモリは1GB推奨

技術的なこと:
製作人数:6人 (自分:PM(プロジェクトマネージャー) / プログラマ / 企画 / デザインほぼ兼用 )
製作環境:PhoneGap Build を利用したHTML5ハイブリッドアプリ開発
エディター:brackets
その他API/ライブラリ等:jquery / jquert mobile / Google Maps JavaScript API V3
言語::HTML5 / CSS3 / Javascript
素材:自作画像
電車アイコン集のページ http://www.trainfrontview.net/f-sozai.htm
製作期間:コンテストの提出締切があったため、企画半月・製作1カ月の約1カ月半。これにプレゼンと動画も絡みものすごく忙しかった・・・。
製作時期:2014年10-12月

googleplay
ダウンロード(Google Play)

ソースコード(github)

製作物:うちゅう体重計

過去に製作したもの、その一。
宇宙を楽しく学ぶ教育向けAndroidアプリ、うちゅう体重計
logo

createdata1

createdata2

createdata3
某アイデアコンテストに提出したものです。
なお、Androidアプリに関してはこれが初めての製作、つまりは処女作ということです。
なので、今思うと割と大味な気がします。

元々、宇宙科学博物館にあった「宇宙での体重がわかる体重計」がアプリにあったら楽しいのではないかというコンセプトで作り始めました。
なので、ターゲットは小学生。実際に小学生(妹)に試して貰ったりして一人で作り上げました。
拘ったところは、UIや操作感。星が光ったり、Droid君が宇宙を漂うなど見て飽きさせない楽しい演出を加えたりしてます。
この部分は妹の意見を参考にしてます。「何もないと飽きてしまう」と言われてしまったので。

技術的にも、割といろいろ取り入れてるような気がします。SurfaceView使ったり、ViewPager使ったり。
Javaに関してはそこそこ使ってたけれど、Androidとなるとまたいろいろ覚えることも多くて大変だったです。
その他環境など:
動作環境:Android2.3以上(この頃は2.3が主流でしたね・・・)
アプリサイズ:7.11MB

技術的なこと:
Android support v4を使用しています。(ViewPagerなんかを使うため)
製作環境:Android Developer Tools(eclipse+Android SDK)
言語:Java
素材:自作画像ほか
製作期間:構想1カ月、製作1カ月のほぼ2カ月。
製作時期:2013年10月-2014年1月
ダウンロード(apk)
ソースコード(github)

製作物:Battle of Magic Circle

タッチ操作ではない、全体を使って魔方陣を表現せよ!なAndroidゲーム

Battle of Magic Circle

createdatah1

 

createdatah2 createdatah3
学内のハッカソンイベントで製作したAndroidアプリです。
個人的な目的は、スマートフォン端末に標準で搭載されている、加速度やジャイロセンサーを利用した新しい遊び方のゲーム。
PCなどでは、加速度やジャイロセンサーなんてついていなかったので、センサーなどを使うゲームは新感覚なはず。この部分にこだわりました。
そして、ハッカソンイベントでの課題「コミュニケーション」もあったため、
友達にゲームで対戦すればコミュニケーションじゃん!という形でこのようなアプリになりました。

遊び方としては簡単で、ジャイロセンサーを利用して端末で魔方陣を描き、上手く描ければ高得点。そんな感じの簡単なミニゲームです。
点数の計算方式は、いかにきれいに正方形になっているか、円になっているか、どれくらい複雑かです。
問題点としては、ジャイロセンサーで書くのは難しいという点。でも、割と楽しんでたと思います。

対戦機能内蔵。Bluetoothを利用して点数の競い合いが出来ます。
2日間だけだったので、ただ、表示させるだけなのが心残りです。自分のHPなんかを持って対戦出来たらよかったなーと感じます。
家にAndroid端末が2台も無いので、対戦部分の修正が出来ないんですよねー・・・。

その他環境など:
動作環境:Android4.0以上
アプリサイズ:1MB以下
ジャイロセンサー必須

技術的なこと:
製作人数:3人 (自分:リーダー兼プログラマー[全てのコード] / その他企画 2人 / イラスト 1人)
製作環境:Android Developer Tools(eclipse+Android SDK)
言語:Java
素材:自作画像とイラスト描いてくれた友達
製作期間:3日(イベント2日+バグフィックス1日)
製作時期:2014年3月

ダウンロード(apk)
ソースコード(github)

製作物:Unofficial Bing Live wallpaper

createdata6 createdata7

Windowsで使用できるBing DesktopをAndroid上で実装したAndroidライブ壁紙です。

Bingホームページの美しい背景が デスクトップの壁紙として毎日更新され、また、ブラウザーを開くことなくデスクトップから検索ができます。

Windowsでもこのアプリケーションを使っていたので、
これをAndroidで実装できればという感じで、完全に自分用のアプリとして使ってます。
Googleもこういうサービスやればいいのになあと思います。
bingの画像はクオリティが高く、日本版は日本の画像も結構あるのでうれしいです。
Microsoftの画像をAndroid上で使うという冒涜的なことをやっていて、
著作権的な面も絡むので、一般公開はしません。

その他環境など:
動作環境:Android4.0以上
アプリサイズ:1MB以下

技術的なこと:
HTML解析が必要なため、jsoupを使用してます。
製作環境:Android Developer Tools(eclipse+Android SDK)+jsoup
言語:Java
素材:自作画像
製作期間:2週間程度
製作時期:2014年

製作物:CV DroneでAR Drone2.0をXBOX360コントローラーで動かす

IMG_0383
最近のラジコンヘリはすごいです。iPhoneでも動かせるし、動画も送信・録画できる。
難しそうに見えますが、初心者向けのタイプは楽に動かせるのも嬉しいところです。

Puku’s Laboratory puku氏のCV Drone(AR DroneをOpenCVを利用して動かすアプリケーション)を利用して、
XBOX360コントローラーでゲームのように動かすというプロジェクトです。
左スティック : 重心移動
右スティック : 移動
L1R1 : 右回り・左回り
L2R2 : 上昇・下降
ABXY : アニメーション※
SELECT/START: 停止・緊急停止
(※AR DRONEにはこっそり宙返りなどのアニメーション命令が入っており、ボタンを押すと宙返りできます。ただし電池も大量消耗する諸刃の剣

こんな感じに設定したので、操作感はFPSのゲームのような感じに仕上がりました(カメラも表示されますしね。
やっぱりラジコンヘリはいいですね。今はさらに小型で操作しやすいのが続々と出てますね。高いので手が出せないのですが・・・。

その他環境など:
製作環境:Visual Studio 2013 Professional(Visual C++ 2013)
言語:C++
製作期間:2カ月くらいちまちまと
製作時期: 2014年

技術的なこと:
ついでにOpenCVをOpenGLで表示するように書き換えてます。
OpenGL Utility Toolkit(glut)使用。
XBOXコントローラーはDIRECTX SDKのXinputを叩いてます。当然ですがAR DroneとXBOX 360 Controllerが接続していないと動きません。
その他は殆どCV Droneに頼ってます。

CV DRONEの部分を抜いたmain.cppのソース:
ダウンロード

製作物:消費税計算ウィジェット

createdata4 createdata5
税込から税別、または税別から税込へ変換することに特化したAndroidウィジェット。
Google開発者サービスとして25ドル払ったので、1つくらいはGoogle playにアプリをアップロードしたいなー・・・と思って作ったもの。
なのでその日に考えてその日に提出。
丁度消費税が8%になった頃でした。割と使えると思います。
自分も5%だったらすぐに計算で出てくるのですが、8%となるとすぐには出てこないです。

その他環境など:
動作環境:Android4.0以上
アプリサイズ:1MB以下

技術的なこと:
製作環境:Android Developer Tools(eclipse+Android SDK)
言語:Java
素材:自作画像
製作期間:1日
製作時期:2014年8月

googleplay
ダウンロード(Google Play)