スティックPC"DG-STK2S"をWindows鯖として使う

巷で話題になったけどもうブームは過ぎたような気がしますが、スティックPCを買いました。

今回買ったのは、ドスパラで値下げセールやっていたDiginnos Stick DG-STK2S

税込 13800円で、最新ATOMなCPUであるx5-Z8300搭載、
最新WindowsであるWindows10、USBも3.0、無線LANも11ac対応、Bluetooth4.0と最近のデバイスをちゃんと揃えているところが気に入りました。

メモリ2GBなのがやっぱりおしいけれど・・・Windows10の無料枠から外れちゃうからこれ以上にはできないらしい。

買ったときは、基本的にほぼまっさらなWindows10です。しかし、唯一バンドルとしてマカフィーさんがついてきます。
マカフィーさんが常駐してるとメモリが大体80%くらいですごく重たいです。
アンチウイルスソフトを削除というのもと思うけれど、これに関しては削除を推奨します。これがあるだけでPCの動作は厳しいです。
マカフィー以外の軽いアンチウイルスソフトを入れてください。

大体マカフィーを葬ればメモリ50%前後でそれなりに快適となります。

まずはレビューですが、値段なりに非力ではありますが、なんとかブラウジングなんかに使うくらいなら問題ないと思える感じです。
特に、ブラウザ経由のYoutubeの1080pが普通に見れるのはいいです。Atomも進化しました。
動画関連はこんな感じ
・ローカルでの動画視聴
VLC:1080pでも問題なく快適 動画支援さんのおかげ
・ブラウザ(Chrome)での動画視聴
Youtube:1080pでも普通に見れる
ニコニコ:ちょっとカクつくけどまあ見れる
・ブラウザ(Chrome)でのストリーミング動画視聴
AbemaTV:ちょっと厳しいカクつき

こんな感じです。
ハードな使い方をしなければ大体はいけます。

惜しいところとして、やはりいろいろと荒っぽいところが目立つ。
・無線LANは11acを積んでいてちゃんと接続は出来たが、
ルータの横においてもアンテナが4本しか立たず、実測は100Mbpsくらいが限界でした。この辺は個体差が激しいかも。
・温度はHWMoniterだとうまく測れず、60-70℃くらいと思われる。ファンは無音とまではいかないが静かで、CPUもちゃんと動いているようだ(レビュー見ると結構不良品に当たることも多いらしい)。
・しかしみんな思ってると思うけどやっぱりメモリ2GBはきつい。ブラウザタブは3個程度に納めないと厳しい。

あと注意点としては、ACアダプターが3Aということです。MicroUSBでの給電ですが、スマートフォン用だと大体は2Aなので、そういったものを使うと当然不安定になり最悪ぶっ壊れます。

そして、このDG-STK2S君は現在、視聴/録画鯖として自宅で運用されています。
こんな非力なPCでいけるのかと思うかもしれませんが、
現状は視聴のTVTest、配信用のSpinel、録画用のEpgDataCap_Bon、全部問題なく動いてますし、動画がdropしたりなどは全くしてません。

このStickPCを鯖にする利点としては、
・Windowsサーバーにできる
普通にWindows鯖を組むとなるとOSを買わないといけないのですが、そのOS台でこの端末が買えてしまいます。
現在のWindows10 Homeの値段は最安でも14000円程度。こっちが安い!コストは正義ですね。
最近のWindowsはファイルサーバやリモート機として使えるし、ゲーム鯖とかWindowsだけだったりするし、機能は十分なはず。
まあ、負担が少ないものに限られるのですが。
・USB3.0と11acが使える
現在、11acで無線ルータに接続してますが、普通にかなり安定しています。
安定しないようでしたら、USB3.0用LANアダプタを買って運用もできますし、USB3.0に外付けHDDを繋げてファイル共有サーバにしてもいいですね。
・消費電力がめっちゃ低い
スティックPCの消費電力は大体10W程度。この機種は最大15Wです。
1カ月100円もかからないので非常に低消費。

しかし、これ単体でもかなりいろいろと遊べるガジェットだと思うので、まだまだいろいろ弄っていきたいです。

Windows10にアップデートしてみた

win10
いろいろ危ないものが詰まった本PCだと怖いので、ノートPCでアップデートしました。
元々、Windows8.1 with bingでしたし、そんなに重要なものも入っていないので問題ないかなと。
なお、ノートPCですが、64bit版です。

結局、予約してたのですが、一向に落ちてこず(というか、提供開始してるのに予約って何なんだ。さっさとダウンロードしてインストールしたいのに・・・)、結局、直でインストールできる方法でやりました。

Windows 10 のダウンロード

Windows 10 のインストールまたは再インストールが必要な場合は、このページのツールを実行すると、USB フラッシュ ドライブまたは DVD を使って独自のインストール メディアを作成できます。

ここからインストールできます。タスクになんて表示さず最初からこうしてほしいものでした。

見た目はWindows8.1とあまり変わらないかなと思っていたのですが、案外変わってた。
まず、一番違和感があったので「システムフォントの変更」ですね。
なんかこれ、なんか汚く感じると友人は言っておりました。慣れてないせいですかね。
まあ確かになんかジャギってる気もするんですよねー・・・。解像度の問題?
今回のフォントは「Yu Gothic UI」という完全新作なフォントです。
MS Gothic、Meiryoと並行して使われるようになりました。
win10a
どうでしょう。なんというか、汚く見えちゃうのは中華フォントっぽく見えるからでしょうか。
Meiryo UIよりさらに幅が狭くなった+Windows10のフォントサイズが小さいということで、ごちゃごちゃしてる印象はあります。
フォントサイズを大きくするとまあいい感じになった気がします。あとは慣れですかね。

後は、スタートメニュー。
これは文句なしで改善してると思います。ずっと8.1を使い続けてきた俺が言うので間違いない。
Windows8.1のMetroUIは勝手にアイコンが整頓され、画面いっぱいに表示され・・・
まあなんというか完全にデスクトップに特化してない作りでした。
win10b
Windows10のスタートメニューは7と8.1の融合のような形で、ちゃんとタグ付けできたり、任意の場所に配置できるようになりました。
自分はこんな感じに整頓してます。わかりやすいです。

今回はタブレットモードと切り替えられるし、マルチディスプレイも搭載したし、アイコンもフラットデザインに変更されました。
こうやって見ると、やっぱり8.1はタブレット需要に合わせて早急に作ったやつだったのかな・・・と思わせます。
MetroUIはSurfaceRTと一緒に深い闇に消えていくことでしょう。


Minecraft Windows10 Beta Edition をプレイしてみる

折角なので、Windows10に対応したMinecraftであるこちらをプレイ。
ストアで1000円なのですが、PC版のminecraftを持っていれば無料で入手可能です。
Minecraft: Windows 10 Edition Beta に関するよく寄せられる質問
なお、Microsoftアカウント、mojangアカウント、Minecraftアカウント及びGfWLXBOX LIVEアカウントが必要。
(多すぎだろJK・・・全部MSなのに・・・)

microwin10

ホーム画面。

microwin102
ゲーム画面。ちゃんとサバイバルモードあります。

違う点として、タブレット向きなのかUIが大きいです。変更もできません。
一番きついのは視野角変更ができないこと。・・・よ、酔う。
まあ普通のWindowsなら元のPC版やっときゃいいですね。

Windows8/8.1でエクスプローラーやタスクバーが固まるバグ(Windows Updateのせい)

3月のWindows Updata後、この不具合が自分のPCでも頻繁に起こるようになりました。

なんでかなーと探ったところ、Windows Updateのバグなのはほぼ確実のようです。これだからUpdateは・・・

Windows8ではシャットダウンで勝手にアップデートしてくれますし、Update切りたいと思えるレベルですよ。
修正パッチが出たのでいいのですが。

どういう不具合かについて、いろいろあるようですが自分のマシンでの現象
かなりの確率でこれがよく起こってました。

  • 1.長時間使用する
  • 2.同じアプリケーションを2つ以上開く
  • 3.タスクバーのタブをクリックしアプリケーションを選択しようとする
  • 4.クリックした後に5,6秒間くらいExplorer.exeフリーズ!
  • 5.そのままフリーズ後、運が悪いとExplorer.exeの再起動が起こる、その後はちょっとだけ正常に戻る
  • 6.1に戻る
  • wu このようなパターン。エディタを2つ以上起動してたりするとすぐ止まるのでうっとうしくてかなわない。 大体IMEとの相性で起こるらしいです。Google日本語入力だと起こらないのかな? 修正プログラムは、今のところは対象者のみに配っているため、手動で入れないと治らない模様←ここ重要。 ついでに、このプログラムはテスト版のようです。めんどくさいならKB3033889を無理やり削除したほうが早いかもしれません。
    オンラインより入手可能な修正プログラムは、マイクロソフトによる完全なテストが行なわれていないため、一般的には公開されておりません。そのため、以下の点にご留意ください。 修正プログラムを適用しても問題が解決しなかったり、より深刻な問題が発生したりすることがあります。 お客様の環境によっては、より適切な修正プログラムが存在する可能性があります。そのためサービスパックのリリースをお待ちになるか弊社エンジニアのサポートをお受けになることをお勧めしています。 一部の修正プログラムには、適用後アンインストールができない場合があります。
    この修正パッチを導入することで、とりあえずこの現象は出なくなりました。 このUpdateは、Explorer.exeが動作停止することで、Explororに依存するゲームなんかもフリーズしたりしてたので、とても悪質なマルウェア修正プログラムでした。 早めの対処をしたほうがいいですね。 3033889 の更新プログラムと Windows のエクスプ ローラー、日本語 IME を使用するシステムで応答を停止するには参考: エクスプローラーやタスクバーが固まる・異常に重くなる問題2015年3月 【Win8、8.1】Windows Update後、タスクバーが固まる現象が発生

MongoDBをWindowsにインストールする

BSONを使ってデータベース管理を行いたいためNoSQLであるMongoDBをWindowsにインストールする。

普段使いはWindows使いなため。
http://www.mongodb.org/downloads
ここからダウンロード。今のOSならWindows 64bit 2008 R2+でいいのではないだろうか。

インストール方法にCompleteとCustomがありますが、CompleteではC:\Program Files\の下にインストールします。お好きな方を。
mongo1

pathを通す必要はないのですが、通してもいいかも。
C:\<インストールしたディレクトリ>\bin
(windowsのpathの通し方は、コントロール パネル\システムとセキュリティ\システム→システムの詳細設定→環境変数→システム環境変数のPathに追加

これで起動できるようになります。
デフォルトではdata\dbにデータベースファイルが作られますので、フォルダを作成しておきます。
md c:\data\db
(–dbpathオプションで場所を変更することが出来ます)

そして、MongoDBを起動。mongodがデータベースサーバー、mongoがCUIクライアントとなります。
自分の場合、mongodが起動できなくてちょっと詰まりました。理由はディスク空き容量が少なすぎたためという・・・(–smailfilesオプションを付けることで回避できました)

Windowsの場合、起動するためのbatファイルなんかを作って置いておいた方がいいですね。
サービス化(Linuxで言うところのデーモン化)をする方法もありますが、そうすると起動しっぱなしになってしまうため、今回はやっておりません。

CUIでそのまま操作するのもいいのですが、MongoDBをGUIで動かすためのアプリケーションMongoVUEなんかも存在します。
Free版では接続数の制限とかありますが、個人でちょっと試す分には問題ないです。やはりGUIの方がさまざまなデータを見れて楽ですからね。
mongo2
このような形で表示されます。

ちなみに、Windows8.1 Pro 64bitで動かしましたけど、特に問題はありませんでした。このまま自由に使えそうですね。

エターナル青春系ブラウザ「Kinza」を使う

kin

最近、常用のWebブラウザをCoolnovo(ChromePlus)からKinzaに乗り換えました。

どちらも、Chromium(オープンソース版Chrome)の改造版ブラウザなのですが、

乗り換える理由として、Coolnovoは2013年からアップデート放置状態という点が挙げられます。

アップデート継続するならまだCoolnovoでよかったのですが、

Chromiumのバージョンが低いため、Chromeウェブストアの拡張機能が入れられず。

これはかなり痛いので、こちらに移ってきたわけですが・・・

 

Kinzaは、利点として

  • Chromiumベース国産ブラウザ
  • ユーザ提案で機能が増える
  • Coolnovoと機能が似てる
  • アドウェア/スパムウェア無しの完全無料
  • RSSリーダー機能に特化
  • 更新はほぼ毎月

このあたりの利点があります。

個人的には、Coolnovoにも同等の機能がありましたが、「タブ復元ボタン」は外せないです。

タブの復元

このために使っていると言っても過言ではなし。

Chrome公式でやってくれればいいのにと思うレベル。

完全無料なので何か裏があるかもと思うレベルですが

このアプリは多分デフォルトの検索エンジン「Fooooo」の宣伝目的として作られてると思います。GoogleをデフォルトにしてるfirefoxやIEでBingをデフォルトにしてるWindows8.1 with Bingと同じです。

嫌だという人は、アドレスバーの検索エンジンは変更できるため、変更すれば問題ないです。

(新しいタブの検索バーは変更できないようですが。まあそれくらいは良しとしましょう

結局、どの辺がエターナル青春系ブラウザなのかは不明です。

Windows 10 Technical Preview ISO が提供開始

win2

 

Windows 10 Technical Preview ISOが公開されました。

多分MicrosoftID持ってる人はみんなダウンロードできると思います。

ダウンロードしてDVDにでも焼けばインストールディスクが出来上がります。

x64版が4GB、x86版が3GB程度です。DVDに収まりますね。

日本語もあるのがうれしいです。

しかし、所謂Preview版なので、実機に入れるのはおすすめしません。仮想ソフトでも使ったほうがいいですね。