スティックPC"DG-STK2S"をWindows鯖として使う

巷で話題になったけどもうブームは過ぎたような気がしますが、スティックPCを買いました。

今回買ったのは、ドスパラで値下げセールやっていたDiginnos Stick DG-STK2S

税込 13800円で、最新ATOMなCPUであるx5-Z8300搭載、
最新WindowsであるWindows10、USBも3.0、無線LANも11ac対応、Bluetooth4.0と最近のデバイスをちゃんと揃えているところが気に入りました。

メモリ2GBなのがやっぱりおしいけれど・・・Windows10の無料枠から外れちゃうからこれ以上にはできないらしい。

買ったときは、基本的にほぼまっさらなWindows10です。しかし、唯一バンドルとしてマカフィーさんがついてきます。
マカフィーさんが常駐してるとメモリが大体80%くらいですごく重たいです。
アンチウイルスソフトを削除というのもと思うけれど、これに関しては削除を推奨します。これがあるだけでPCの動作は厳しいです。
マカフィー以外の軽いアンチウイルスソフトを入れてください。

大体マカフィーを葬ればメモリ50%前後でそれなりに快適となります。

まずはレビューですが、値段なりに非力ではありますが、なんとかブラウジングなんかに使うくらいなら問題ないと思える感じです。
特に、ブラウザ経由のYoutubeの1080pが普通に見れるのはいいです。Atomも進化しました。
動画関連はこんな感じ
・ローカルでの動画視聴
VLC:1080pでも問題なく快適 動画支援さんのおかげ
・ブラウザ(Chrome)での動画視聴
Youtube:1080pでも普通に見れる
ニコニコ:ちょっとカクつくけどまあ見れる
・ブラウザ(Chrome)でのストリーミング動画視聴
AbemaTV:ちょっと厳しいカクつき

こんな感じです。
ハードな使い方をしなければ大体はいけます。

惜しいところとして、やはりいろいろと荒っぽいところが目立つ。
・無線LANは11acを積んでいてちゃんと接続は出来たが、
ルータの横においてもアンテナが4本しか立たず、実測は100Mbpsくらいが限界でした。この辺は個体差が激しいかも。
・温度はHWMoniterだとうまく測れず、60-70℃くらいと思われる。ファンは無音とまではいかないが静かで、CPUもちゃんと動いているようだ(レビュー見ると結構不良品に当たることも多いらしい)。
・しかしみんな思ってると思うけどやっぱりメモリ2GBはきつい。ブラウザタブは3個程度に納めないと厳しい。

あと注意点としては、ACアダプターが3Aということです。MicroUSBでの給電ですが、スマートフォン用だと大体は2Aなので、そういったものを使うと当然不安定になり最悪ぶっ壊れます。

そして、このDG-STK2S君は現在、視聴/録画鯖として自宅で運用されています。
こんな非力なPCでいけるのかと思うかもしれませんが、
現状は視聴のTVTest、配信用のSpinel、録画用のEpgDataCap_Bon、全部問題なく動いてますし、動画がdropしたりなどは全くしてません。

このStickPCを鯖にする利点としては、
・Windowsサーバーにできる
普通にWindows鯖を組むとなるとOSを買わないといけないのですが、そのOS台でこの端末が買えてしまいます。
現在のWindows10 Homeの値段は最安でも14000円程度。こっちが安い!コストは正義ですね。
最近のWindowsはファイルサーバやリモート機として使えるし、ゲーム鯖とかWindowsだけだったりするし、機能は十分なはず。
まあ、負担が少ないものに限られるのですが。
・USB3.0と11acが使える
現在、11acで無線ルータに接続してますが、普通にかなり安定しています。
安定しないようでしたら、USB3.0用LANアダプタを買って運用もできますし、USB3.0に外付けHDDを繋げてファイル共有サーバにしてもいいですね。
・消費電力がめっちゃ低い
スティックPCの消費電力は大体10W程度。この機種は最大15Wです。
1カ月100円もかからないので非常に低消費。

しかし、これ単体でもかなりいろいろと遊べるガジェットだと思うので、まだまだいろいろ弄っていきたいです。