かなり最近のテキストエディタVisual Studio Codeを使う

vsc

前回、割と最近のテキストエディタAtom.ioを紹介したので、こちらも紹介。
Visual Studioを知らない人はいないと思いますが、こちらは本筋のVisual Studioとは違い、
Webアプリケーションやクラウドアプリケーション目的で使えるものとしてMicrosoftが作りました。
そして、MicrosoftなのにWindows、OS X、Linuxとマルチプラットフォームで動く!最近のMSはオープンソースだったりいろいろと良心的です。

元々、Visual Studio 2013はこのPCに入れていたのですが、SSDの容量不足のためアンインストールされました。
ので、こっちの方は軽いので入れてみた次第です。

これに関しては2015年4月に公開され、6月になりまだバージョン0.3なので、まだまだ開発段階といったところ。
でも現状でも一通りのものは揃えているようです。自動補完やら自動インデントやら普通にやってくれます。

他の者との差別化としては、node.jsのデバッグ機能などが備わってます。
なので実はテキストエディタだけじゃなくIDE的な部分も混ざってます。これは嬉しいかも。

Brackets、atom.io、Visual Studio Code共にjavascriptとhtml5で製作されています。
デスクトップアプリケーションもWeb技術で作るのが主流になるんですかねー

どのエディタを使うかは結局は好みなんで・・・まあ一通り使ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)