no-image

Swift3.0でjsonパラメータをHTTP POST

potproject.net Advent Calendar 2016
8日目の記事です。
Swift3.0です。本当Swift2.x時代が強すぎて検索に全く引っかかってこないのが辛い。


もう結構前になってしまいますが、iOS10が公開され、iPhone7も発売されました。
しかし、相変わらず自分的にはiOS10もiPhone7も興味ありません。
でも、残念ながらiOS開発をしているとiOS10にも対応しなきゃならなくなり、
小規模なアプリを作っていたので、swift2.3からswift3.0に書き直すことに。

しかし、swift3.0はもう2.xの互換性をかなぐり捨てていて、公式でコンバータが用意されるくらいにめっちゃ変更されてます。
まあ大体はコンバートで対処できるのですが、http通信のコードの部分でエラーが出ていました。
調べるとやっぱりここはうまく自動変換ができない模様。
Swift 3 URLSession.shared() Ambiguous reference to member ‘dataTask(with:completionHandler:) error (bug)

で、大体の人が詰まっているようだったswift3.0でHTTPリクエストを送るコードを自分のメモがてら載せときます。
つかswiftは仕様変わりすぎなんだよね・・・
コピペエンジニアには辛すぎる言語だ。ググっても2と3が混合してて辛い。

まず、swift2.3のコード。バックアップ取ってなかったんで再現になりますが。
Swift2.xだとこんな感じです。
参考:http://qiita.com/sushichop/items/ac4ae99b905ce523c2fe

いろいろありますが、これはNSURLSessionDataTaskというものを使ってでHTTP POSTを送るようです。
多分今までのswiftだとこれが主流なのかな?
このNSURLSessionがswift3.0ではURLSessionになり、仕様も変わっています。
URLSession.DataTaskは、第一引数に NSMutableURLRequest型ではなくURLRequest型でないと動きません。
NSMutableURLRequestを受け渡すと、クラッシュします。

requestは明示的に型宣言してないため、コンバートが見逃したということですね。
しかもコンパイル時エラーも起きない。困りますね。
(他のブログだとこれでビルドが通らないらしい。もしかして修正されたのかも?
~~というか通り抜けてたならAppleさんが悪い・・・俺は悪くない~~
参考:https://blog.areare.net/archives/8321

URLRequestは、NSMutableURLRequestとほぼ同じように書けます。
というより、内部的にはほぼ同じものらしいので、なんでこれで通らなくなってしまったのかわからん。

これを踏まえて、書きます。

こんな感じかな。
初期に公開したコードはやっぱり間違っていました。ごめんなさい。
ちゃんとこのソースのままでjsonをpostできていることを確認しました。

後は、他にもいろいろ変わっているところがありました。
NSJSONSerialization.dataWithJSONObject([AnyObject], options: [options], error: [error])は、
JSONSerialization.data(withJSONObject: [Any], options: [options])に置き換わりました。
errorのコールバックがなくなった分、try-catchを行わないとコンパイルエラーとなります。
他にも、微妙に大文字から小文字へと変数名が変わったり。
iOS開発初心者のSwift3の道は険しい。